スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドモリ
ドモリのチョコレートを入手

北イタリア・トリノに本拠地を置くドモーリ社は、世界収穫量の10%以下の希少価値が高い良質のフレバービーンズ(クリオロ種、トリニタリオ種、アリバ・ナシオナル種)の中から更に厳選した最高級品質のカカオ豆を使用しています。またカカオ原産地において、木の選択から収穫、発酵、乾燥に至るまでのすべての工程を独自にコントロールし、カカオが本来持つアロマを最大限に引き出す製法により、香り高いピュアなチョコレートを一貫製造しています。
1
チョコレートの価格はピンからきりまであり、このチョコレートは私にとってはきり側の高級チョコ。
当店の品揃えと価格帯から考えると手が出ないです。
しかしチョコ好きの私としては何事も勉強。過去に勉強の為に(と言う名目で単に食べたいだけですが・・笑)、サロンドショコラ(丸井今井で始まりましたね!!)であれもこれもと使った金額を考えれば、原材料を仕入れるこちらの方がパティシエールとしては健全な選択。

当店で使用しているチョコレートはメーカーで言うと4社(ヴァローナ・カカオバリー・カカオフィノ・大東カカオ)。種類はホワイト・ミルク・スイート合わせて約12種類を用途に合わせて使いわけています。とは言え、何となく特徴を理解して上手に使い分けていないのでは・・と思うときもあり、迷ったときは働いていたお店のシェフに相談してます。
他にもチョコレートメーカーは山ほどあり、全て把握できてません。
チョコレートは本当に奥が深いです。
学ばないといけないことが山ほどあって行動に移す前に考えただけで知恵熱出そうです

たかが豆、されど豆。
きっと珈琲豆も同じく奥が深いのでしょうね。
ドモリのチョコを片手に美味しい珈琲が飲みたくなりました

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

リンク
最新記事
カテゴリ
プロフィール

Ensemble

Author:Ensemble
こんなところにお菓子屋さん?!と思われる程の農村地帯で細々と営業しております。日々勉強改善!食べるのも大好きなパティシエールです

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。